セオリー

「『太陽の塔』の図像学 試論 」三木学評

激変するアートワールドを記述する方法「ギルダ・ウィリアムズ、GOTO LAB監修『コンテンポラリーアートライティングの技術』光村推古書院、2020年」三木学評

リーネ・マリー・トールセン 『植物に注目するということ―気候への関心に関わるアートと翻訳』

ロバート・ジェンセン『世紀末ヨーロッパにおけるモダニズムのマーケティング』伊藤賢一朗評

鉄道画家としてのセザンヌ『セザンヌと蒸気鉄道(3)――エクス・アン・プロヴァンスの鉄道画題』秋丸知貴評

知られざるセザンヌとゾラの友情の証『セザンヌと蒸気鉄道(2)――フランス印象派の最初の鉄道絵画』秋丸知貴評

ユリウス・マイアー=グレーフェ「芸術の越境者」伊藤賢一朗評

セザンヌ芸術の秘密は、蒸気鉄道だった!『セザンヌと蒸気鉄道(1)――19世紀における視覚の変容』秋丸知貴評

「アウラ」概念を、世界で初めて解読!『アウラとは何か?――ヴァルター・ベンヤミンの哲学考』秋丸知貴評

今日のアートが担うサステナビリティ

No more articles