書評

コロナ禍でも変化し続ける深い観察と制作のドキュメント デイヴィッド・ホックニー・マーティン・ゲイフォード『春はまた巡る デイヴィッド・ホックニー 芸術と人生これからを語る』青幻舎、2022年 三木学評

歴史と思想と芸術の結節点「暮沢剛巳著『ミュージアムの教科書――深化する博物館と美術館』青弓社・2022年」秋丸知貴評

残された形に言葉を与え、読み解く方法 五十嵐太郎・菅野裕子『様式とかたちから建築を考える』平凡社、2022年 三木学評

変わる技術と終わらない作画の歴史 デイヴィッド・ホックニー、マーティン・ゲイフォード『絵画の歴史 洞窟壁画からiPadまで』木下哲夫訳、青幻舎、2021年 三木学評

伝説の写真集が指し示す道標 川田喜久治展「地図」The Third Gallery Aya 三木学評

分別をテーマにした色彩の比較文化論「日髙杏子『色を分ける 色で分ける』京都大学学術出版会・2021年」三木学評

岩泉慧『What it is I know not… なにごとの おはしますかは 知らねども』発売のお知らせ

Guardian Deity of the Museum Launching Out Into the World:Kenji Yanobe《SHIP’S C AT (Muse)》

ウィーン・日本をつないだファンタジーと生命感溢れたデザイン「『マイ・ファースト・リチ My First Lizz 上野リチのデザイン』青幻舎・2022年」三木学評

1960年代から70年代の現代日本美術に何が起こったか?「高島直之『イメージかモノか――日本現代美術のアポリア』武蔵野美術大学出版局・2021年」秋丸知貴評