凱旋門はなぜ包まれたのか Why was the Arc de Triomphe wrapped?

東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTで企画展「クリストとジャンヌ=クロード “包まれた凱旋門”」が開催されています(2023年2月12日まで)。ブルガリア出身のクリストとモロッコ生まれのフランス人、ジャンヌ=クロードはかつてパリで出会い、夫婦となって2人でアーティストとしての活動を始め、亡くなるまで、あまりにもインパクトのある作品を多数、遺しました。

企画展「クリストとジャンヌ=クロード “包まれた凱旋門”」の映像作品の展示風景 Installation view of the video works in the special exhibition “Christo and Jeanne-Claude: “Arc de Triomphe Wrapped””.

パリのエトワール凱旋門を銀色の布で包むプロジェクトが実現したのは、2021年秋。残念ながら2人が亡くなってからでした。コロナ禍が収まらない中ではありましたが、実に600万人もの人々が見に訪れたと言います。21_21 DESIGN SIGHTの企画展では、凱旋門を包んだ布やロープの実物、スケール感のある映像などによって、少しでも本物の迫力に近づけようという工夫がなされており、パリまで見に行けなかった筆者も、その空気を味わうことができました。

クリストとジャンヌ=クロードは、「包む」ことを表現手法の一つとして、半世紀以上の間にたくさんの作品の制作やプロジェクトの実現に携わりました。夫妻がパリの凱旋門を包むことを構想したのは1961年だそうです。「包む」作品について特に思い出されるのが、2010年にやはり21_21 DESIGN SIGHTで開催された「クリストとジャンヌ=クロード展 LIFE=WORKS=PROJECTS」に、布で包まれた1冊の本が作品として展示されていたことです。その本の作品は、クリストとジャンヌ=クロード夫妻が、懇意にしていたデザイナーの三宅一生さんに贈ったものだったと記憶しています。その時も、包まれた本を実に感慨深く眺めました。

パリのエトワール凱旋門を包んだ銀色の布と赤いロープが展示されていた The silver cloth and red rope that wrapped the Arc de Triomphe de l’Etoile in Paris were on display

 

大変悲しいことに、三宅一生さんも、このほど旅立ってしまいました。クリストとジャンヌ=クロードのご夫妻と三宅一生さんは、きっとあちらの世界で再会し、新たなる創造に向けて話を盛り上げているに違いありません。

日本経済新聞社が運営している有料ウェブマガジン『NIKKEI Financial』の「美の道」という連載コラムに、この展覧会に関連する記事をしたためました。夫妻がさまざまなものを包んだ真意について、考えています。機会がありましたら、ぜひお読みください。契約読者からギフトを受けて読む仕組みもあるそうです。

========
The exhibition “Christo and Jeanne-Claude “L’Arc de Triomphe, Wrapped, “” is being held at 21_21 DESIGN SIGHT in Roppongi, Tokyo. Christo, a Bulgarian-born artist, and Jeanne-Claude, a Moroccan-born French artist, once met in Paris, became a couple and started their career as artists together, and until their deaths, they left behind many works that had so much impact.

The project to wrap the Arc de Triomphe de l’Etoile in Paris in silver cloth was realized in the fall of 2021. Unfortunately, it was only after the death of two people. In the exhibition at 21_21 DESIGN SIGHT, the actual cloth and ropes used to wrap the Arc de Triomphe, as well as a video with a sense of scale, were used to bring the project as close to the real thing as possible. Even the author, who was unable to go to Paris to see the exhibition, was able to enjoy its atmosphere.

Christo and Jeanne-Claude have been involved in the creation of many works and the realization of many projects over the past half century, using “wrapping” as a method of expression. It was in 1961 that the couple conceived the idea of wrapping the Arc de Triomphe in Paris. The “wrapping” work in particular reminds me of the “Christo and Jeanne-Claude: LIFE=WORKS=PROJECTS” exhibition held in 2010 at 21_21 DESIGN SIGHT, where a book wrapped in cloth was exhibited as a work. I remember that the book was a gift from Christo and Jeanne-Claude to Issey Miyake, a designer with whom they were close friends. At that time, too, I looked at the wrapped book with great emotion.

Very sadly, Issey Miyake also left us recently. We are sure that Christo and Jeanne-Claude and Issey Miyake must be reunited in the other side of the world, and are excited to talk about their new creation.

I wrote an article related to this exhibition for a serial column titled “The Way of Beauty” in NIKKEI Financial, a paid web magazine operated by NIKKEI  Inc. I am thinking about the true meaning of the couple’s wrapping of various objects. Please read it if you have a chance. They also have a system to receive and read gifts from contract readers.

Written by Atsuo Ogawa

Basically translated by DeepL

The article of NIKKEI Financial is in Japanese only.

※本記事は「つあおのアートノート」からの転載です。

Avatar photo
評者: (OGAWA Atsuo)

1959年北九州市生まれ。東京大学文学部美術史学科卒業。日経BP社の音楽・美術分野の記者、「日経アート」誌編集長、日本経済新聞美術担当記者等を経て、2012年から多摩美術大学芸術学科教授。「芸術と経済」「音楽と美術」などの授業を担当。国際美術評論家連盟(aica)会員。一般社団法人Music Dialogue理事。
日本経済新聞本紙、NIKKEI Financial、ONTOMO、論座など多くの媒体に記事を執筆。和樂webでは、アートライターの菊池麻衣子さんと結成したアートトークユニット「浮世離れマスターズ」で対話記事を収録。多摩美術大学で発行しているアート誌「Whooops!」の編集長を務めている。これまでの主な執筆記事は「パウル・クレー 色彩と線の交響楽」(日本経済新聞)、「絵になった音楽」(同)、「ヴァイオリンの神秘」(同)、「神坂雪佳の風流」(同)「画鬼、河鍋暁斎」(同)、「藤田嗣治の技法解明 乳白色の美生んだタルク」(同)など。著書に『美術の経済』(インプレス)。
余技: iPadによる落書き(「ラクガキスト」を名乗っている)、ヴァイオリン演奏(「日曜ヴァイオリニスト」を名乗っている)、太極拳
好きな言葉:神は細部に宿り給う
好きな食べ物:桃と早生みかんとパンケーキ

https://note.com/tsuao/m/m930b2db68962

この評者を支援する

Amazon プライム対象