アート=生きる力だ!「桶田コレクション」展と「ブルーピリオド」展を続けて見たら実感!

今、アートの街天王洲アイルに行くと、 話題の展覧会二つを同時に見られる♪
その展覧会とは、① OKETA COLLECTION「YES YOU CAN −アートからみる生きる力−」展と②「ブルーピリオド展~アートって、才能か?~」展☀
隣同士の展覧会場と、至近距離なのも嬉しい!
9月27日までに行くと、 両方開催期間です。
どちらも見応えありなのと、周辺のTERRADA ART COMPLEXや、WHAT CAFEなど、見どころ満載なので、天王洲アイルは1日がかりがおすすめ✨

① OKETA COLLECTION「YES YOU CAN −アートからみる生きる力−」展では、桶⽥俊⼆・聖⼦夫妻のコレクションから、「女性アーティスト」の作品だけをチョイスして展示!

画像

ジェンダーフリー流れにある現代に、 あえて「女性アーティスト」の作品やメッセージをまとめて発信している興味深い展覧会です。
ジェンダーフリーとはいえ、 やっぱり女性であるからこその 表現方法、 社会的困難、 メッセージは存在する! それは自分なりに読み取って、 再発進すると良いのかな。
「YES YOU CAN」という展覧会タイトルからもわかるとおり、 ダイレクトにポジティブで元気な色とメッセージが伝わってきます☀

画像
ジュリア・チャン 《YES YOU CAN》

でも、この元気さは、 女性アーティストであるからこそ直面した( 特にコロナ禍中の) 困難を、 倍返し以上の女性パワーで跳ね返した結果! だからこそ、 奥底から湧き上がる真のポジティブが 私たちにも乗り移ってくるのです👑

画像
桶⽥俊⼆・聖⼦夫妻が一緒にポーズをとっている作品は、近藤亜樹 《ネバーランド》
画像
こちらの2枚も 近藤亜樹の作品。いつもながら、色も筆致も力強い。
画像
「YES YOU CAN −アートからみる生きる力−」展 展示風景
画像
ロッカクアヤコの作品も!

②「ブルーピリオド展~アートって、才能か?~」展は、講談社「月刊アフタヌーン」にて大好評連載中『ブルーピリオド』初の展覧会!
漫画のハイライトシーンが、立体的に再現してあったり

画像

主人公が藝大受験の時に行った受験会場のような場所で石膏像のデッサンを体験できたり(平日限定で無料)

画像

大画面映像で展開されていたり、漫画を読み込んでいる皆さんは、「なりきり」&夢中になってしまうと思います!!!

画像

かくいう私は、一冊も読んだことがなくて行ったのですが、ちゃっかりストーリーの一部になって楽しみました♪(笑)

① OKETA COLLECTION「YES YOU CAN −アートからみる生きる力−」展も、②「ブルーピリオド展~アートって、才能か?~」展も、アートを制作することで、 悲喜劇に向き合い、 そこから新しい作品が生まれ、 友情も生まれ、 また困難に見舞われても克服してパワーアップしていくドラマをはらんでいるという共通点がありました☀
OKETA COLLECTION展でプロとして活躍されているアーティストの皆さんにも、きっと「ブルーピリオド」のような時期があったに違いない! いや、「ブルーピリオド」は一度経験したら二度と来ないのではなく、 何度も繰り返しやってくるものなのかもしれない。
二つの展覧会をリンクさせて、 脳内で行き来するのも楽しいです!

【展覧会基本情報】
①OKETA COLLECTION「YES YOU CAN −アートからみる生きる力−」展
会期 [後期]2022年8月6日~10月16日
会場 #WHATMUSEUM 2階
住所 東京都品川区東品川2-6-10 #寺田倉庫G号
ART MAPで見る
開館時間 11:00~18:00(最終入場17:00)※最新情報は公式ウェブサイトにて要確認
休館日 月(祝日の場合は翌火)
観覧料 一般 1200円 / 大学生・専門学生 700円 / 高校生以下無料
②展示会名:「#ブルーピリオド展 ~アートって、才能か?~」
会期  :2022年6月18日(土)~9月27日(火)
(前期:6月18日(土)~8月5日(金) 後期:8月6日(土)~9月27日(火))
時間  :10:00~20:00 ※最終入場は閉館時間の30分前まで
会場  :東京 #天王洲 寺田倉庫G1ビル(東京都品川区東品川2丁目6−4)
オフィシャルホームページ:https://blueperiod-ten.jp/
■チケット情報
オフィシャルホームページ(https://blueperiod-ten.jp/)よりチケット購入ページを案内。会場で楽しみたい方、オンラインで楽しみたい方、両方で楽しみたい方それぞれに向けたチケットをご用意しています。
〈会場で楽しみたい方〉
・ブルーピリオド展入場券
寺田倉庫G1ビルで開催される「ブルーピリオド展」の入場チケットです。
一般 2,000円/高校生・大学生 1,400円/小学生・中学生 900円

Avatar photo
評者: (KIKUCHI Maiko)

アーティストと交流しながら美術に親しみ、作品の鑑賞・購入を促進する企画をプロデュースするパトロンプロジェクト代表。東京大学文学部社会学科修了。
英国ウォーリック大学「映画論」・「アートマネジメント」両修士課程修了。
2014年からパトロンプロジェクトにて展覧会やイベントを企画。2015年より雑誌やweb媒体にて美術記事を連載・執筆。
特に、若手アーティストのネームバリューや作品の価値を上げるような記事の執筆に力を入れている。

主な執筆に小学館『和樂web』(2021~)、『月刊美術』「東京ワンデイアートトリップ」連載(2019~2021)、『国際商業』「アート×ビジネスの交差点」連載(2019~)、美術出版社のアートサイト 「bitecho」(2016)、『男子専科web』(2016~)、など。

主なキュレーションにパークホテル東京の「冬の祝祭-川上和歌子展」(2015~2016)、「TELEPORT PAINTINGS-門田光雅展」(2018~2019)、耀画廊『ホッとする!一緒に居たいアートたち』展(2016)など。」

https://patronproject.jimdofree.com/

Amazon プライム対象