「原泉アートデイズ!」の場合、その進行中のプロジェクト(後編)

静岡県掛川市北部に位置する原泉地区で活動する原泉アート・プロジェクト。同プロジェクトが運営する「原泉アートデイズ!」が今月10月14日から始まった。2018年3月に始動し、早くも4年目を迎えるアート・イベントだ。今年も国内外12組のアーティストたちが原泉地区に滞在し制作した作品が展示されている。美しい自然景観と多様な生態系が残る中山間地域で、アーティスト・イン・レジデンス(以下、AIR)にフォーカスした活動である。徐々に形成されてきたアート・コミュニティ。そこでの参加者は、何を大切にし、何に関心を持っているのだろうか? プロジェクト立ち上げ以来、ディレクターを務める羽鳥祐子氏に、この地ならではのAIRについてメール・インタビューを行い、その進行中の活動についてうかがった。前編に続き後編をお送りする。

 

原泉アートデイズ! 2021 ~相互作用~

会期:2021年10月14日(木)—11月28日(日)/月・火・水休業

会場:掛川市北部原泉地区

https://haraizumiart.com/

 

滞在制作中の水戸部春菜(2019年)

タテ約30m×ヨコ7mという広大な空間で数千枚の用紙を使った作品を制作

 

―プロジェクトの継続のなかで、アーティストにとっては、どんな発展がありましたか。

羽鳥: アーティストどうしはもちろん、サポーターや地域の関係者の方々も含めてさまざまな交流をし、相互作用が起き始めました。地域の物事、豊かな自然の要素、日々の現象など、プロジェクトを通してさまざまな関わり合いが人と自然との間に生じることで、アーティストにとっては、これまで以上に新しい挑戦への意欲が沸き、かれらの作品性が変化し、アーティストを取り巻くこのプロジェクト全体の可能性の広がりを実感できるようになりました。

そうした挑戦のもととなるのは、原泉に豊富にある「時間」「空間」「資源」だと考えています。これらは、都市部よりいっそう豊かであって、アーティストが作品を制作するときにスタジオのスケール感に影響を受けるように、原泉のそれらの資源に影響を受け、ダイナミックな視野をもって制作物を捉えるという経験を培うことができるのです。実際に、自分のスタジオで彫刻作品を制作していたアーティストの野々上聡人は、それまでは一般に手に入るような、自分が抱えられる程度の資材を使って制作できる作品ばかりでしたが、原泉での制作では、初めて自分一人では運べないような大きな丸太を扱ったり、境界を感じられないほど広がる空間(野外等)で制作したり、個のアーティストでは決して経験できない制作体験ができたそうです。その後、自身の作品をイメージする際のスケール感が大きく変化したと言います。

滞在制作中の野々上聡人(2020年)

原泉滞在を機に初めてチェーンソーを扱えるようになった

また、制作以外の余白の時間が生まれます。これまで風景画を描き続けてきたアーティストの北見美佳は、3年間をかけて原泉のAIRに参加するなかで、原泉の豊かな自然体験から生まれる架空のストーリーを絵画に表現し、自身が本来持っていたファンタジックな世界観を存分にひき出すことで、最終的に絵本の制作を実現することができました。

滞在中に絵本の原画を制作する北見美佳(2020年)

さらに、これまでブラックボックスと言われる小劇場やスペースで制作した演劇作品を上演してきたソノノチは、その短時間での制作と発表の繰り返しから脱却する契機として、原泉での集団滞在を決意しました。原泉での滞在を機に、広大な自然環境と制作に取り組める時間感覚に触れ、次第に発表の形態は野外へと進出するようになりました。「風景演劇」と自ら名づけ、その土地の風土や大地、季節の変化などあらゆる現象を捉えた作品制作へと進化し、この手法を原泉以外の地でも展開するようになり、演劇という枠組みを超えた新たなパフォーマンスの可能性に挑戦し続けています。

滞在制作中のソノノチ

風景そのものが舞台となり、役者はその風景の一部となってパフォーマンスを行った

制作したそのもの自体、つまり、大きな彫刻作品や、油絵をもとにした絵本そのもの、あるいは野外でのパフォーマンスは斬新なものでは決してありませんが、原泉ではそのような相対的な比較のもとには作品が存在していません。一人一人のアーティストが大きく成長し、その後の制作人生に大きな影響を与えるような転機の一つとなりうる体験がこの環境下でできたことに絶対的な価値があると考えています。

 

―そうしたアート活動として定着してきた(見えてきた)価値、具体的なアウトプットの質的なもの、確実な手応えは何だと感じていますか。

羽鳥: それは、さらに言えば、アート活動としてのAIRが強力に行われていること、アーティストが挑戦できる場が整っていること。また、それを発表できる展示という場が具体的にあること。またそこを訪れる鑑賞者側の層が多様なことだと思います。こうしたAIRと展示を継続していくと、連続参加のアーティストと新規参加のアーティストがダイナミックに融合し、参加者が常に循環していることが互いに刺激を与え合ううえで大切なようです。そして、そのなかで、確実にアート・コミュニティが形成されてきていると言えます。学閥や、経歴、世代やステイタスに囚われず、そうしたヒエラルキーを介在させない、まさにアートをさまざまな立場から純粋に楽しめ、アーティストが自らの活動を向上していけるコミュニティが構築されてきたことだと思います。

原泉アートデイズ!2021の展示作品の一つ。(みなみりょうへい)

 

―そこに参加する多くの人々にとって、大切にされているものは何でしょうか。

羽鳥: まず、多様な参加者が存在する循環のなかで、アーティストどうしの交流の間で生まれる発見があり、それらがアーティストの制作のモチベーションアップにつながり、結果として作品の質の向上がもたらされます。こうした作品の質の向上は、最終的に「原泉アートデイズ!」という展覧会自体の質の強化につながります。ここでの作品の質とは、どれだけ新鮮で、生々しく、エネルギッシュであるか、ということだと考えています。そのエネルギーに、鑑賞する人が、関わっているすべての人々が感銘を受けるのだと思います。主役は常に素晴らしい作品です。作品を制作するアーティスト、場を提供する地域、場を作り制作支援をする主催者、支えるサポーター…と、作品を取り巻く人々は、素晴らしい強度をもった作品のために、それぞれの役割を対等に担っています。

互いの作品を一緒に観てまわり、学び合うアーティスト・ウォークの様子

 

―アーティストどうし、あるいはアーティスト以外の市民とのかかわりには、どのような発展がありましたか。そこから見えてきたものは何でしょうか。

羽鳥: AIRと展示の発展として、今年2021年の冬企画で、『HARAIZUMI ARTIST IN RESIDENCE 〜新時代における制作の可能性の探求』を実施しています。そこに至るなかで、まず、アーティストとサポーターの関係性が深まってきました。サポーターがそれぞれ関わったアーティストの他の個展や展覧会、発表の場にも駆けつけ、例えば、ある名古屋市のギャラリーでは、原泉勢の駆けつけるエネルギーが素晴らしい!と賞賛いただくほど、かれらの間に信頼と強い関係性が生まれています。特に、二年以上に亘って参加しているアーティストは、原泉に足を運び入れる度に会いに駆けつけてくれるサポーターの存在に癒され、安心感・安堵感を覚えるアーティストもいます。本来は別の仕事を持っているサポーターがプロジェクトの運営や作品制作に楽しみながら関わってくれる姿そのものが、アーティストの心を動かし、アーティストによりいっそうの意欲と使命感を感じさせているようです。

サポーターとアーティスト(芳賀篤)

アーティストと地域の人々という点では、2年目を超えて滞在するようになると、アーティストが独自に挨拶&訪問できるご近所さんや「おかえり」と言ってくれる地元の人たちが現れ始めました。初年度は「芸術家ってなあに?どうやって暮らしてるの?」というアーティストの存在そのものへの興味が中心にありましたが、次第に、どんなものを作っているのか、それはどういう意味があるかといった作品自体への興味が湧くように、地域の人々のアートとの関わりが変化してきました。

鉾井喬の制作を手伝う地域住民とサポーター

 

―コロナウィルスの感染拡大は、私たちの生活全体に大きな変化をもたらしたばかりか、アートを取り巻く環境にも大きな影響を及ぼしました。コロナ禍がこのプロジェクトにもたらしたものは何でしょうか。昨年の「想像する展覧会」を思い至ったきっかけや、今年の「OPEN AIR SPACE」に至る過程で、どんな考えを巡らせてこられたのでしょう?

―プロジェクトにもたらされたもの―

羽鳥: まず、私たちの活動の社会的役割を明確に捉えられるようになったことがあります。2020年春の初めての緊急事態宣言下において、秋の「原泉アートデイズ!」を「どんな社会状況に置かれようともその時に開催可能な方法で実現する」と、開催決定を宣言することで、参加が決まっていたアーティストたちに勇気とエネルギーの矛先を与えることができました。(ちょうど、多くのアート・イベントや展覧会が、開催を表明しないか、開催自体を直前に決定する、延期する、という判断をしていた頃です)また、プロジェクトの可能性を信頼し、アーティストを信頼し、互いに身を委ね合える関係性が実現できないかと考え、Online Residency’s Sessionという形をとって、全てのアーティストと密に対話を繰り返しました。

そこでは、どんな作品を制作するかという具体的な企画の話というよりは、むしろコロナ禍における互いの心境や環境の共有、社会情勢やその時世界で起こっていたこと、アートの世界の変化などについて自由に情報と意見の交換をしたのです。海外アーティストも含め参加アーティストの全員と、二週間に一回必ず目的のない会話をする、という行為をしながら、別のアーティストが話した内容を、翌日また別のアーティストと共有しながら、オンラインを使って、フィジカルなコミュニティに代わるアーティストのコミュニティを実現させていきました。

その過程において、このプロジェクトの場が、アーティストにとってリアルな活動の場となり、表現の場であり表現を続けることが可能となる場として必要とされているという実感が何より明確になったのです。そのため、あらゆる立場の人々と同じく、アーティストとして生きている人たちにも支援が必要であるという考えを強くし、原泉という場所の特性を充分に活かした「アーティスト支援」をいかに行うのかということに、このプロジェクトの存在意義があるのだと分かったのです。

―想像する展覧会―

羽鳥: 「いかなる状況下においても」、つまり、もしかしたらこのままずっとロックダウンが続くのかもしれない、いやもっと、天変地異や戦争のような異常な事態が起こるかもしれないと思いました。そういった状況下でも予定した期間で開催を実現するために―つまり、延長したとしても状況はそれほど変わらない、または第2波、第3波の感染が起こることが明らかだったため、むしろ予定した期間に何ができるのかということを考えておくほうが、現実的なのかもしれないと考えた―、このような対話をアーティストと繰り返していくなかで、本当にできることを検討していきました。

この間に、ソーシャル・ディスタンスへの取り組みから、多くの美術館やギャラリーがオンラインで作品を見せたり、トーク企画を発信したり、オンライン上への活動のシフトが急速に進み、日常でもオンラインによるコミュニケーションが大半を占めるようになりました。今はもう日常化されましたが、これまでになかった慣れない日々に身体的な疲れも生じてきました。こうした変化のなかで、オンラインで作品を見せるという方法には、この段階ではまだ納得がいくアイディアが思いつかなかったのです。スマートフォンなどで気軽にインターネットにアクセスできるため、作品一つ一つの味わいが軽くなるようにも思えたので、それに見合う制作方法をアーティストと議論し、検討しなければならなかったのです。

特に、オンライン上では、どうしても眼で追う視覚的な情報が中心となるので、もっと身体的に、全感覚的に作品を楽しめる方法としてアナログの方法にはなりますが、手で触れることができる魅力について考え始めました。また、コロナ禍では、自宅で時間を過ごす時間が増えたため、郵送や宅急便でモノを購入することが増えたと思います。皆が自宅に配送物が届くことを楽しみにする機会が増えたのではないでしょうか。私たちは、郵送によるリモート性を採り入れた展覧会の可能性を模索し始めました。最終的には、参加アーティストの鉾井喬とともに企画を詰め、考えついたのが、秋の「原泉アートデイズ!」につながるレジテンシー企画としての「想像する展覧会」でした。郵送による「展覧会」を行うにあたって、完成した作品を届けるだけでは、郵送して、そこで完結してしまいます。せっかくであれば、制作のプロセスも含む、完成されないものを複数回送って、鑑賞者(受け手)の想像力とともに、鑑賞者の手元で各々の「展覧会」が完成されるというものです。全参加アーティスト12組分の制作プロセスや思考、完成されない作品を届け、しかも「原泉アートデイズ!」と同様にドネーション制で実施するという仕組みのもと、7月上旬に参加者をWEBで募ったら、全国から当初の募集枠を大幅に上回る申し込みがありました。

「想像する展覧会」1回分の郵送(計4回発送)

 

―プロジェクトの展望については?

羽鳥: やはり、現在のAIRの強化ですね。ハード面はもちろん、ソフト面の充実も。2017年から、展示会場や制作のためのスタジオ、イベント会場として積極的に活用してきた、使われなくなった地域の旧茶工場があるのですが、建物自体の雰囲気や立地、私たちの思いなども加味して本当に魅力的な場所なのです。今年2021年は、ここでアーティストの都築透によるONLINE OPEN STUDIOを開催しました。何人かのアーティストの滞在制作の様子をYouTubeで24時間ライブ配信するものです。

『OPEN AIR SPACE』というこの企画では、原泉におけるAIRの存在を、オンラインスタジオ公開を通じて知っていただく機会となりました。また、AIRのなかで実際に起こっている、制作以外のこと、つまり、アーティストが無意識で行う行動や、アーティストどうしの交流やコミュニケーション、主催者とアーティストとのディープな対話の様子、一緒に食を囲む場、アーティスト自らが料理を作ったり、スタジオを掃除したり、洗濯をしたりするリアルな生活の場、そして、想像力のための睡眠の時間まで、スタジオ内のすべてをオンラインで映し出したのです。これは、ともすれば制作のためだけの「滞在」をAIRと呼んでしまう傾向もあるなかで、原泉のAIRでは、制作以外の物事、つまり自分自身や原泉という場所、生活の中で起こっていること全てがAIRでの創造性に関連する事物として、それは、制作に必要な、それぞれが影響し合う行動なのだと、いっそう意識するようになりました。また、アーティストが作品を発表する姿のみを提示するのではなく、こうしたありふれた日常の時間を含み、悩んで考え込んでいる様子などもオープンにすることによって、アーティストが特別な存在ではなく、身近に感じられる機会になることも目的としていました。

『OPEN AIR SPACE』の一番の収穫は、参加したアーティスト3名が制作プロセスを100%開示していく行為を通じて、かれら自身が新鮮な学びを得たことです。ライブ配信の再生回数を多く得ることよりも、アーティストがこの体験により、次回以降の制作活動に大きな気づきを得たと感じたことに価値があったと考えています。

また、この夏には、レジデンスの一環としてアーティストのロビン・オウィングスによる小学校低学年の子どもたちを対象にした、「英語を使って自然体験しよう!〜ENGLISH ART IN NATURE」というワークショップを行いました。子どもたちが自然を間近に英語しか使えないという普段の意思疎通を超えた環境のなかに浸ることで、全身のあらゆる感覚を研ぎ澄ましてアーティストと感覚と感性で触れ合う(自然に触れるアーティストのジェスチャーや目線の動きにも敏感に反応する等)のです。また、大人は介在することはなく、アーティストと英語のみを使うサポートスタッフと一緒に自然という開かれた場に没入し、自由に絵を描くという行為は、参加者全員にとって初めての経験でした。子どもたちがアートや自然に対してよりオープンで自由な姿勢で向き合えるささやかな体験を共有できたと思います。これも原泉でなければできない活動として今後も発展させていければと思います。

ロビン・オウィングスによるワークショップの様子

今後は、茶工場の建物を原泉のアート・アクティビティの拠点となるような場所として整備を進めていきます。ここでは、今後、アーティストがスタジオとして制作可能であるだけでなく、ギャラリーやライブラリー機能、常設的なアートストアなどを設置したり、新しい企画が生み出されていくような、アート・センター的な機能をもつ場所として開放していきたいと考えています。また、そのアート・センターを拠点に、国境を超えてグローバルにもHARAIZUMI のアート・コミュニティを丁寧に築き上げていくいっぽうで、原泉全域でも一般の人々がアート作品を楽しめる、原泉をアートパーク化していくことも、視野に入れて活動しています。

 

***

 

―ディレクターの羽鳥氏の回答からは、プロジェクトのまさに進行中のリアルさが伝わってきたのではないだろうか。里山、時間、その地の人々とのつながり、そしてアーティストと作品。これらのかけがえのないリソースは、複雑に絡まり合いながら、日々のプロジェクト状況を変化させ、生きたアートが生まれる場を発展させていく。比類ないAIRが実践されている証拠でもあろう。こうした事実は、また、かつて里山が人々にとっての生活のための豊かなリソース、インフラであったことをも想起させるものだ。プロジェクトの実践をより強固に、より本質的にするのは、インタビューのなかでも語られている、この地でなければ存在しえないような有形無形さまざまなリソースと、まさにアート実践との循環的な関わり合いの密度であろう。今後は、こうした環境をインフラとしたアート実践をより外側にある社会空間へと押し広げていくとき、現実社会のニーズをベースとした幾つもの実践的な動きが生じてくるに違いない。原泉アート・プロジェクトの今後の展開に期待したい。

 

羽鳥祐子(はとりゆうこ)プロフィール

群馬県生まれ。明治大学農学部卒業。保全生態学を学ぶ。卒業後すぐに、青年海外協力隊員として中米グアテマラに滞在し環境教育に従事。一方で、現地の友人たちが主催するアートフェスティバルでアーティスト滞在サポートや中南米中の多くの劇作家たちと交流。帰国後、自然と人をつなげるべく、都内での公共緑地空間における現場経験や、グラフィックデザインを通じた事業を展開し、サステナビリティのあり方を模索していたが、自己の探求が腑に落ちずにいた。同時に、原泉地区に拠点を置くようになったことと、アートと自然や生命活動との結びつきへの興味など、様々な方面からの縁で、原泉アート・プロジェクトを設立。現在は、原泉でのプロジェクトに本腰を入れて取り組み、小さいながらもよりグローバルでフラットなアート・コミュニティの拠点作りに励んでいる。

 

 

Avatar photo
評者: (ITO Kenichiro)

初期モダニズムの美術批評研究、今日のアート・セオリー、キュレーション・セオリーから分野横断的なアート・カタリスト的活動に関心を寄せる。
学習院大学文学部哲学科美学美術史専攻卒業。同年、株式会社 資生堂入社。インターメディウム研究所アート・セオリー専攻修了。資生堂企業文化部へ配属後、資生堂企業資料館、資生堂ギャラリーの学芸員を経て、現在、資生堂アートハウス勤務。

His interests range from early modernist art criticism research, today's art theory, curatorial theory to cross-disciplinary art catalyst activities.
He graduated from Gakushuin University with a degree in Aesthetics and Art History, Faculty of Letters. He joined Shiseido Co., Ltd. Completed Inter-medium Institute Art Theory major. After assigned to Shiseido Corporate Culture Department, he worked as a curator at the Shiseido Corporate Museum and the Shiseido Gallery, and currently works at the Shiseido Art House.

Amazon プライム対象