ムーンサルトレター第5弾「鎌田東二・一条真也『満月交心』現代書林・2020年」秋丸知貴評

ムーンサルトレター第5弾

鎌田東二・一条真也『満月交心』(現代書林・2020年)

秋丸 知貴

当代随一の博覧強記の哲人2人による、5冊目のWEB文通記録集である。

鎌田氏は、京都大学名誉教授で、日本を代表する宗教哲学者で、フリーランス神主で、神道ソングライター。一条氏は、冠婚葬祭互助会大手の株式会社サンレーの代表取締役社長で、100冊以上の著作を持つ作家で、儀礼文化イノヴェーター。現在、鎌田氏は上智大学グリーフケア研究所の特任教授で、一条氏は同客員教授を務めている。2人は、今年で28年目の師弟関係であり、「魂の義兄弟」でもある。

2人は丸15年、風流にも満月を迎える度に欠かさずWEB文通を交わしてきた。その紙媒体版として、前記録集『満月交感』上下巻、『満月交遊』上下巻に続き、5冊目の本書は第121信から第180信を収める。567頁の大著である。

内容は学問芸術から政治経済まで多岐にわたるが、語られるテーマの中心は儀礼・儀式とグリーフケアの重要性である。両者は共に、現代における宗教的精神文化の衰退を憂い、一貫して現実に即した健全な新しい信仰のかたちを模索している。それは、現世だけではなく来世も含めた人生の意味こそが真に人々の心に安寧と活力を与えることを確信しているからであろう。

時にどちらの文章か分からなくなるほど、両者の真摯な志と圧倒的な知性は共通している。相互に深くリスペクトしつつ、無理せず自然体で知的冒険心に溢れる意見を交わし合うところが、この風雅な様式美的文通が長続きしている秘訣であろう。

その時々の世相を的確に掘り下げた書簡体の文章は、平成から令和へ移り変わる時代の一つの歴史的な証言記録ともなっている。詩は全てその度ごとの感興を逃さない「機会詩」であるべきであると説いたゲーテに因み、この稀有な「機会思想文通」の継続と展開をこれからも末永く見守りたい。

Avatar photo
評者: (AKIMARU Tomoki)

博士(学術)/美学・美術史・死生学・メディア論
1997年 多摩美術大学美術学部芸術学科卒業
1998年 インターメディウム研究所アートセオリー専攻修了
2001年 大阪大学大学院文学研究科文化表現論専攻美学文芸学専修修士課程修了
2009年 京都造形芸術大学大学院芸術研究科美術史専修博士課程単位取得満期退学(2011年度学術博士)
2009年4月~2010年9月 日図デザイン博物館学芸員
2010年4月~2012年3月 京都大学こころの未来研究センター連携研究員
2011年4月~2013年3月 京都大学地域研究統合情報センター共同研究員
2011年4月~2016年3月 京都大学こころの未来研究センター共同研究員
2016年4月~ 滋賀医科大学非常勤講師
2017年9月~ 上智大学グリーフケア研究所非常勤講師
2020年4月~ 上智大学グリーフケア研究所特別研究員
2021年4月~ 京都ノートルダム女子大学非常勤講師
2022年4月~ 京都芸術大学非常勤講師
博士論文を基にした主著『ポール・セザンヌと蒸気鉄道――近代技術による視覚の変容』(晃洋書房・2013年)で、2014年度の比較文明学会研究奨励賞(伊東俊太郎賞)を受賞。

(『週刊読書人』WEBでも書評を掲載中 https://dokushojin.com/)

http://tomokiakimaru.web.fc2.com/

この評者を支援する

Amazon プライム対象