寄稿「中村高朗・虎岩直子編著『記憶と芸術――ラビリントスの谺』法政大学出版局・2024年」秋丸知貴評

 

2024年3月4日刊行の中村高朗・虎岩直子編著『記憶と芸術――ラビリントスの谺』(法政大学出版局)に、拙稿「ポール・セザンヌと写真――近代絵画における写真の影響の一側面」を寄稿しました。

本書は、美術評論家連盟会員でもある中村隆夫(高朗)多摩美術大学教授の定年退職を記念する本として構想された論文集です。

活字発表の機会を与えていただいた中村先生と虎岩先生に、心より感謝申し上げます。

 


以下、法政大学出版局公式ウェブサイトより引用。

内容紹介

「もしかしたら、ノスタルジアこそ、あらゆる芸術の源泉なのである」(澁澤龍彥)。「記憶」の断片から「芸術」のはじまりを紡ぎ出し、人間の根源的な営みを解きほぐしてゆく。美学、文学、美術史、演劇、観光人類学、オブジェ制作等をめぐって第一線の論者たちが織りなす知の饗宴。

目次

まえがき


記憶と芸術──二重螺旋の詩学 【北川健次】
壁に掛けられた小さな風景画──イタリアの自然と画家たちの記憶 【小針由紀隆】
絵画の時間性 序説 【谷川渥】
+記録/+記憶──あるパフォーマーのこと 【水沢勉】
歴史画と集合的記憶 【宮下規久朗】


生の織物 【海野弘】
ポール・セザンヌと写真──近代絵画における写真の影響の一側面 【秋丸知貴】
ハワイ・ポノイを歌うこと 【進藤幸代】
意味を逃れる 【萩原朔美】

《幕間》
澁澤・種村時代を語る──谷川さんと午後五時にお茶を 【谷川渥×中村高朗】


「引用的人間」の記憶について 【高遠弘美】
W・B・イェイツとシェーマス・ヒーニーをめぐる記憶 【虎岩直子】
芸術創造のプロセス──「さまよえるユダヤ人」伝説をめぐって 【中村高朗】
戦前の記憶と戦後の生──太宰治における天皇・メディア・死 【丸川哲史】

あとがき

 

●著訳者プロフィール

中村 高朗(ナカムラ コウロウ)
多摩美術大学教授、批評家/文筆家。中村隆夫として著書に『象徴主義と世紀末世界』(東信堂)、共著に『バロックの魅力』(東信堂)、訳書にピエール・カバンヌ『ピカソの世紀』『続ピカソの世紀』(西村書店)、ヴァニーナ・コスタ『オルセー美術館』(福武書店)、共訳にメアリー・ホリングスワース『世界美術史』(中央公論社)。中村高朗として共著に『病と芸術』(東信堂)、「「日本のゴッホ」と呼ばれて」(『別冊太陽 山下清』平凡社)。ピカソ展、ユトリロ展など展覧会監修多数。

虎岩 直子(トライワ ナオコ)
明治大学政治経済学部教授。共著:『アイルランド・ケルト文化を学ぶ人のために』(世界思想社)、共訳書:『エンジェル・アト・マイ・テーブル(上・下)』(筑摩書房)。

 

●執筆者プロフィール

北川 健次(キタガワ ケンジ)
美術家・写真家・詩人・美術評論家。著書『「モナ・リザ」ミステリー』(新潮社)、作品集『危うさの角度』、『美の侵犯──蕪村×西洋美術』(求龍堂)、写真集『サン・ラザールの着色された夜のために』、詩集『直線で描かれたブレヒトの犬』(沖積舎)など多数。

小針 由紀隆(コハリ ユキタカ)
ベルナール・ビュフェ美術館館長、元静岡文化芸術大学教授。著書:『ローマが風景になったとき──西欧近代風景画の誕生』(春秋社)、『クロード・ロラン──17世紀ローマと理想風景画』(論創社)、『サルヴァトール・ローザ──17世紀イタリアの美術家が追い求めた自由と名声』(論創社)など。

谷川 渥(タニガワ アツシ)
美学者・批評家。著書:『形象と時間』『美学の逆説』『鏡と皮膚』『肉体の迷宮』『孤独な窃視者の夢想』『ローマの眠り』ほか。訳書:P゠M.シュール『想像力と驚異』、Ch.ビュシ゠グリュックスマン『見ることの狂気』、アニエス・ジアール『愛の日本史』ほか。

水沢 勉(ミズサワ ツトム)
神奈川県立近代美術館長、美術評論家、美術史家。著書:『この終わりのときにも』(思潮社)、『エゴン・シーレ まなざしの痛み』(東京美術)、共編著:『点在する中心』(春秋社)、『モダニズム/ナショナリズム』(せりか書房)、訳書:クリスティアン・M.ネベハイ『エゴン・シーレ──スケッチから作品へ』(リブロポート)など。

宮下 規久朗(ミヤシタ キクロウ)
神戸大学大学院人文学研究科教授。著書:『カラヴァッジョ 聖性とヴィジョン』(名古屋大学出版会)、『食べる西洋美術史』『ウォーホルの芸術』(以上、光文社)、『闇の美術史』『聖と俗』(以上、岩波書店)、『そのとき、西洋では』(小学館)、『聖母の美術全史』『日本の裸体芸術』(以上、筑摩書房)、『バロック美術』(中央公論新社)ほか多数。

海野 弘(ウンノ ヒロシ)
1939年東京生まれ。著書:『アール・ヌーボーの世界』(造形社)、『装飾空間論』(美術出版社)、『都市とスペクタクル』(中央公論社)、『アンドロイド眼ざめよ』(駸々堂出版)、『カリフォルニア・オデッセイ』(グリーンアロー出版社)ほか多数。2023年死去。

秋丸 知貴(アキマル トモキ)
美術評論家連盟会員・鹿児島県霧島アートの森学芸員・滋賀医科大学非常勤講師。著書:『ポール・セザンヌと蒸気鉄道』(晃洋書房)。共著:『グリーフケア・スピリチュアルケアに携わる人達へ』(クリエイツかもがわ)。

進藤 幸代(シンドウ サチヨ)
多摩美術大学教授。論文:「「疑似体験」としての「旅行」──日本人にとってのホノルルマラソン」(『総合観光研究』第5号、2006)、「ホノルルマラソン観光におけるハワイアン」(『総合観光研究』第12号、2013)など。

萩原 朔美(ハギワラ サクミ)
多摩美術大学名誉教授、金沢美術工芸大学客員教授、前橋文学館館長。昨年全ての作品が世田谷美術館に収蔵された。著者多数。

高遠 弘美(タカトオ ヒロミ)
明治大学名誉教授。著書:『プルースト研究』、『乳いろの花の庭から』、『物語パリの歴史』、『七世竹本住大夫』、訳書:プルースト『失われた時を求めて』、オマル・ハイヤーム『トゥーサン版 ルバイヤート』ほか多数、編著:『欧米の隅々 市河晴子紀行文集』(素粒社)。

丸川 哲史(マルカワ テツシ)
明治大学政治経済学部教授。著書:『魯迅出門』(インスクリプト)、『思想課題としての現代中国』(平凡社)、『竹内好』(河出書房新社)、『台湾ナショナリズム』(講談社)。

※上記内容は本書刊行時のものです。
法政大学出版局公式ページ
アバター画像
評者: (AKIMARU Tomoki)

美術評論家・美学者・美術史家・キュレーター。1997年多摩美術大学美術学部芸術学科卒業、1998年インターメディウム研究所アートセオリー専攻修了、2001年大阪大学大学院文学研究科文化表現論専攻美学文芸学専修修士課程修了、2009年京都芸術大学大学院芸術研究科美術史専攻博士課程単位取得満期退学、2012年京都芸術大学より博士学位(学術)授与。2013年に博士論文『ポール・セザンヌと蒸気鉄道――近代技術による視覚の変容』(晃洋書房)を出版し、2014年に同書で比較文明学会研究奨励賞(伊東俊太郎賞)受賞。2010年4月から2012年3月まで京都大学こころの未来研究センターで連携研究員として連携研究プロジェクト「近代技術的環境における心性の変容の図像解釈学的研究」の研究代表を務める。主なキュレーションに、現代京都藝苑2015「悲とアニマ——モノ学・感覚価値研究会」展(会場:北野天満宮、会期:2015年3月7日〜2015年3月14日)、現代京都藝苑2015「素材と知覚——『もの派』の根源を求めて」展(第1会場:遊狐草舎、第2会場:Impact Hub Kyoto〔虚白院 内〕、会期:2015年3月7日〜2015年3月22日)、現代京都藝苑2021「悲とアニマⅡ~いのちの帰趨~」展(第1会場:両足院〔建仁寺塔頭〕、第2会場:The Terminal KYOTO、会期:2021年11月19日~2021年11月28日)、「藤井湧泉——龍花春早 猫虎懶眠」展(第1会場:高台寺、第2会場:圓徳院、第3会場:掌美術館、会期:2022年3月3日~2022年5月6日)等。2020年4月から2023年3月まで上智大学グリーフケア研究所特別研究員。2023年に高木慶子・秋丸知貴『グリーフケア・スピリチュアルケアに携わる人達へ』(クリエイツかもがわ・2023年)出版。上智大学グリーフケア研究所、京都ノートルダム女子大学で、非常勤講師を務める。現在、鹿児島県霧島アートの森学芸員、滋賀医科大学非常勤講師、京都芸術大学非常勤講師。

http://tomokiakimaru.web.fc2.com/

この評者を支援する

Amazon プライム対象