好きな色と道具で自由に絵付け🎨気づいたらピカソ♪自由に創るってこんなにハッピー!

クリスマスキャンドルホルダーを作りました🕯🎄🕯
生まれて初めて!🐣

アクリル絵の具を使って描くのも初めて!

アクリル絵の具ってこんなのだったんだ!小学校の時に使ったのと違って高級感あるなー。

筆を使ってで描くのは35年ぶりくらい?!(笑)
とても楽しく無心になれた〜!
まずは、この中から好きなグラスを選んでくださいですって。
好きなのを選べるって嬉しい。

まるい形に惹かれてこれをチョイス。

ファーストステップは、内側から色を付けていくとのこと。
好きな色を選んで、グロスポリマーメディウムという乳白色のトロッとした液体と混ぜたら筆で塗っていきます。
私は、今日会場になっているヨックモックミュージアムのロゴの爽やかなブルーがピッタリと思って青色から始めました。
波をイメージして内側に描いていきます。
フニャフニャだけど、気にしない、気にしない。

アクセントを付けたくて、気分で赤と黄色も入れました

今日の先生で、臨床美術士の小幡佳奈子さんと飯島英奈さんが進み具合を見て声をかけてくれます。
「ブルーの波線ステキ」と言われてちょっとドヤ顔!

次はグラスの外側です。
また好きな色を選び、今度は、スポンジに絵具を付けてポンポンとグラスにたたいていきます。ちょっと迷ったけど、エイっとやってみる。

緑色をぽんぽんぽん
黄色をぽんぽんぽん。ミモザのお花みたいになった!

金色の絵具も出てきました!
金色って一度使ってみたかった。
豪華に厚塗りにしてみましたよ。

先生に、「ハートかわいい!」と言われてまたご満悦♪
ここで隣の方をちょっとのぞいてみました。
お~!のガラス工芸品が氷のお城になったみたい。繊細で美しい。
同じ画材なのに全然ちがうな~。

ガラスの透明感を活かして、パステルカラーも美しい!割りばしで削って模様をつけるという技も!削った部分からキャンドルの明かりが見えて綺麗だそうです。

先生も「氷みたいでキレイ!」と一言
そうしたら、「今朝、娘が「アナ雪」の歌をずっと歌っていたので、エルサのイメージが出てきました」ですって。
このキャンドルホルダーには、娘さんの歌が入っている!
いいな~♪

縁に塗った金のマットな仕上げもプロ級

私も、お隣のピンクがうらやましくなって、作りました。

綿棒でドット柄を付けられるというのでやってみると?!

ハートやさくらの花びらを入れて、こんな風に完成

「エネルギッシュで菊池さんの人柄そのものが出てる!」(褒められているのか?!(笑))とか、「草間彌生みたい」とか、自分でも意識してなかったことを言われて面白い。

さて、実際ににキャンドルを入れて講評タイムです。

点灯するとまた表情が変わる!
どれもユニークでアーティスティック♪
今日の先生で、臨床美術士の小幡佳奈子さんが講評してくれます

私の番になり、こだわりのポイントは?と聞かれて
「ここのヨックモックミュージアムで色鮮やかで楽しいピカソのお皿や花瓶をたくさん鑑賞したので、その色や形をイメージしました。お皿に乗せる料理やケーキのおいしい味も想像したりして」
と言うと、「ピカソや味の記憶が入ってるとはすばらしい!」
とまた褒められちゃった。
なんか、たくさん褒められるとホントいい気分になりますね~!
無心で作っただけなので、かえって嬉しい。

そして、更に素晴らしいのが、一緒に制作をしたみなさんからの講評もいただけるところ。

「内側の薄く透明感がある模様と、外側の原色で厚塗りの表情を描き分けていてステキ」とコメントいただきました。
わ~、自分でも気が付かなかったのに、良く見てくれてありがとう♪

自由に創るって本当に楽しいな~。
心は、障子を枠から取り払ったくらいの勢いでオープン!
なかなか他では体験できない感覚です。
ピカソも作品が完成するとこんな気分になったのかな~。
と勝手に疑似体験☺

さて、このセッション、実は「アートセラピー」というもので、五感を刺激することで右脳が活性化し、ストレス解消やリフレッシュ効果につながるよう、緻密に設計されていたのです!
道理で今、気持ちがとても元気でヘルシー♪

ヨックモックミュージアムさんでは、2020年の開館以来、「芸術の医学的な効用に着目した「臨床美術」を基礎としたアートセッション」に力を入れています。ですので、教えてくださる講師の方はみなさん『臨床美術士』の資格をお持ちです。

ヨックモックミュージアム 「ライブラリー」内、アートセッションスペース

(株)芸術造形研究所による基本的フォーマットのアートセラピーセッションから、ヨックモックさんオリジナルのセッションなど種類も多く、今まで100回以上開催しているとのこと。
日本の美術館でも、このように本格的にこのようなセッションを導入しているところはなかなかありません。

表参道の住宅地に佇む心地よいミュージアムで、ぜひ体験してみては?
詳細はこちらをご覧ください⇒

ラーニングについて | ヨックモックミュージアム ヨックモックミュージアムは、「誰しもが驚きと発見に出会える美術館を目指す」という信念のもと、すべての人が芸術に触れ、自由に yokumokumuseum.com

私もまた違うセッションに参加してみたいと思います。
子どもクラスもありますよ!

■ヨックモックミュージアム(2020年10月25日開館)
【住所】107-0062 東京都港区南青山6丁目15-1
【アクセス】 東京メトロ「表参道」駅B1出口から徒歩9分
渋谷駅東口より都営バス「新橋駅前」行乗車、「青山学院中等部前」下車徒歩1分
*駐車場はございません。
【チケット(税込)】一般 1,200円/大学生・高校生・中学生800円/ 小学生以下 無料
【休館日】月曜(月曜が祝日の際は翌平日)、 年末年始、 展示替え期間
【開館時間】10:00~18:00(受付は閉館の30分前まで)

#ヨックモックミュージアム

#yokumokumuseum

評者: (KIKUCHI Maiko)

アーティストと交流しながら美術に親しみ、作品の鑑賞・購入を促進する企画をプロデュースするパトロンプロジェクト代表。東京大学文学部社会学科修了。
英国ウォーリック大学「映画論」・「アートマネジメント」両修士課程修了。
2014年からパトロンプロジェクトにて展覧会やイベントを企画。2015年より雑誌やweb媒体にて美術記事を連載・執筆。
特に、若手アーティストのネームバリューや作品の価値を上げるような記事の執筆に力を入れている。

主な執筆に小学館『和樂web』(2021~)、『月刊美術』「東京ワンデイアートトリップ」連載(2019~2021)、『国際商業』「アート×ビジネスの交差点」連載(2019~)、美術出版社のアートサイト 「bitecho」(2016)、『男子専科web』(2016~)、など。

主なキュレーションにパークホテル東京の「冬の祝祭-川上和歌子展」(2015~2016)、「TELEPORT PAINTINGS-門田光雅展」(2018~2019)、耀画廊『ホッとする!一緒に居たいアートたち』展(2016)など。」

https://patronproject.jimdofree.com/

Amazon プライム対象